知ってるからってどうってことない豆知識

20210416165015eef.jpg


フルートの音域は3オクターブです。
♪ドレミファソラシドレミファソラシドレミファソラシド♪です。

でも、私はH足部管を使ってるので、一番低いドのも一つ下の音「シ」を出すことができます。
たま~に、この「シ」の入ってる曲があるのね。
ドップラーの『ハンガリー田園幻想曲』とか…、知らんけど…(^-^;

…で、普通の3オクターブのフルートはC管(ツェーかん)、下のシが出るフルートはH管(ハーかん)と呼びます。

…でね、H管はC管より長いので、高音域が上ずらなくて安定している…というのは、ちゃんと高音域が出せる人の言うことで、私なんか悲鳴みたいな音さえも出せず、スカーッスカーッと息漏れのみなのですよ。

ところが! そんな情けない笛吹きのために、ギズモキーという、一番高いドのためだけのキーがH管には付いているのです!

さて、このギズモキーという名前です。

グレムリンの名前ですよね?

どういう意味かご存じですか?

ギズモとはgizmo、ちょっとした仕掛けって意味なのだそうです。

な~んだ…、だったかしら…?

スポンサーサイト



テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pppianissimo7

Author:pppianissimo7
フルートが大好きな60代です。
50人規模のオーケストラから4人のアンサンブルまでいくつかの楽団でフルートを吹いてます。
たまに歌舞伎見物してます。
ほぼ毎日「ハリーポッター魔法同盟」というスマホゲームで魔法使いの修行をしています。
着物リメイクを習っています。
母は要介護2で悩みの種です。

最新記事
FC2ランキングに参加しています
ポチッとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪ねてくださってありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR